今ここから~弁護士平井宏俊の心の徒然日記~


弁護士として人と向き合う中で日々感じたこと、趣味の釣りや旅日記などを含めて、今、ここを大切に生きることをモットーに何となく元気になるブログを目指します。
by heroheroda61
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
夜明け前
at 2016-01-10 13:12
苦手意識
at 2016-01-09 15:18
白黒はっきりさせないと気がす..
at 2016-01-08 19:18
あいまいさの善悪
at 2016-01-06 18:05
初夢
at 2016-01-04 13:20
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

夜明け前

d0233646_12555967.jpg

 昨日に続き、今朝も綺麗な星空の下、午前5時から早朝ウォーキングをスタート。
 亀岡に住みはじめて、15年ほどになるのですが、私が憧れていた綺麗な川と田園風景、いわば日本人の原風景ともいえる場所が亀岡にはたくさん残されています。
 だからこそ、飽き性の私がウォーキングだけ?は継続できてるんだと思います。
 皆さんは、最近、ちゃんと夜空の星を見上げたことがありますか?
 ないな…という方は、ぜひ、見上げてください。
 今日は新月ですから、特に星がよく見えるはずですからおススメです。
 宇宙に想いを馳せると、自分がここにいること自体が奇跡であり、生かされていることに気づかせてもらえます。すごく大きなパワーを浴びせられ、また自分の中の汚れた気を大地に放出しているイメージを抱くと、限りなく心地よい穏やかな自分を感じることができますから。

 2時間ほど歩いていると、だんだん夜が明けてきます。
 私は、夜明け前の、だんだん東の空が紅くなりだして、暗黒色だった空が、だんだん濃紺になり、紅色とのグラデーションを醸し出す一瞬が、たまらなく好きです。
 今の時期だと午前7時前くらい。
 写真をとってみましたが、写真では表現できない何ともいえない素敵な色を見せてくれます。
 
 そして、2時間ちょっと歩くと、7時20分ころ、ようやく山からお日様が顔を見せてくれました。
 今朝は、ようやくこの時期らしく冷え込んで、霜がおりた田んぼと今朝の日の出のワンショット。
 亀岡らしい風景で、私は大好きです。
d0233646_13105995.jpg


# by heroheroda61 | 2016-01-10 13:12 | 亀岡から

苦手意識

d0233646_14512424.jpg

 今朝は、亀岡では今年はじめて朝日が上るのが見えました。
 私にとっては初日の出の一枚です。
 今年に入ってから毎日2万歩以上ウォーキングしており、三日坊主の傾向が強かった私ですが、ウォーキングだけは執念?で続けています。おかげで風邪もひかないし、体調もバッチリです。
 それと、今朝は、今年はじめて霧もなく、朝5時に起きてウォーキングに外に出ると、吸い込まれそうに綺麗な星空。
 おまけに、北の空にまばゆいばかりの流れ星がサァーっと流れていくのが見えました。
 いいことありそうです。

 さて、今日のテーマの「苦手意識」。
 人に対して、食べ物に対して、仕事に対して、社会生活上の行為に対してなど、いろいろあると思います。
 私も、人の前で話すことには苦手意識をもっていますし、苦手なタイプの人というのもあります。
 苦手意識をもっているとどうなるか。
 まず、避けられるのであれば避ける。
 そうすると、せっかくの機会を自ら断ってしまうことになる。
 そして、苦手意識をもって人と接すると、無意識的に相手にそれが伝わってしまうのでしょう、相手との関係もギクシャクしてしまいます。
 苦手意識をもつこと自体は避けられないとしても、そう考えるともったいないですね。
 今年は、私のテーマを漢字一文字で表すと「改」
 自分がこれまで苦手意識をもって避けていた人や物や仕事も、先入観だけて実はそうではなく、自分にとって必要かもしれないので、とにかくまずはやってみようと思って、2016年をスタートしました。
 9日たちますが、案外、やってみると面白かったり、案外できるじゃん!という新たな発見もあったり、今のところ順調です。これまでの自分の脳の使い方と違う回路を使うことになって、脳の活性化にもつながりそうです。
 皆さんも、これまで苦手意識をもって避けてきたことのうちまずは一つ、思い切ってやってみませんか?新しい世界が開けるかもしれませんしね。

# by heroheroda61 | 2016-01-09 15:18

白黒はっきりさせないと気がすまない人

d0233646_18583554.jpg


 仕事始めの一週間でしたが、あっという間に金曜日。明日から三連休に入ります。
 この「あっという間」という言葉は、歳をとるごとに使う回数が増えてきたように思います。
 昔はもう少し時間の流れがゆっくりだったような気がしますが…
 と、こういう話をすること自体が歳をとった証拠のような気がしてきましたので、もう言わないことにします。

 さて、前回のブログに「あいまいさ」について書かせていただきましたが、今回はその続き。
 相談にこられたり、人と接する中で、あいまいさを許さず、どうしても白黒をはっきりつけないと気がすまないという方が何割かおられます。
 私は、どちらかというとあいまいなままにおいておきたい方で、いわゆるグレーゾーンを許容する方が世の中うまくいくし、何より自分自身が楽になれるような気がしますが、どうしても許せないという方も結構おられます。
 それはそれでその方の個性であり、考え方ですし、そういう方は真面目で正義感の強い方なんだと思いますから、自分の気持ちを大切にされたらいいと思います。それが、いいとか悪いとかの問題ではないかと思いますし。
 ただ、そのことで自分がしんどいと感じておられる場合は、意識して自分の中にあいまいなまま置いておくという部分も許容してあげると、ぐっと楽になれるんじゃないかと思います。
 特に、弁護士業務を行っていると、証拠の問題もあって、白か黒かいずれか100%なんていう場合の方がむしろ少ないように思います。
 それにもかかわらず、白黒はっきりさせないと気がすまないと自分の中のキャパを狭めてしまうと、結果として解決策の幅を狭めてしまい、一番望ましい解決に結びつけられないという場合も多いように思います。

 もちろん、白黒はっきりさせるべき時もありますし、その場合には徹底的に闘う必要があるでしょう。
 ただ、そうでない場合、自分の中でのキャパをあえて狭めてしまうのはもったいないですから、いわゆるグレーゾーンのままとりあえずおいておくという選択肢は本当にないのかという問いかけをしてみられることをおすすめします。

# by heroheroda61 | 2016-01-08 19:18 | 心のテーマ

あいまいさの善悪

d0233646_17433472.jpg

 今日は暦の上では小寒で、21日の大寒まで、寒の入りをしました。
 少し寒くなったとはいえ、暖冬であることに変わりはありませんね。
 来週にかけて冷え込むようですが、寒い時には寒くなってもらわないと、本来の季節感がなくなってしまいそうです。
 亀岡では、昨年くらいまでは「最近、霧がすくなくなった」と話題にしてたんですが、今年に入って一転。正月以来、午前中晴れた日がありません。洗濯物の乾かない日々が続いてお日様が恋しくなっています。
 早朝ウォーキングをしていても、暗いのと霧とで、モヤっと感満載の毎日です。

 さて、今日のテーマの「あいまいさの善悪」
 前にも書いたことがあるようなないようなですが、「あいまいさ」というテーマは、私の中でかなり重要視しているテーマですので改めて。
 日本語と英語とを比較して興味深い話題を提供してくれる朝のFM番組があるのですが、そこでよく出てくるのは、日本語のあいまいさ。なかなか英語に訳しにくい日本語がたくさんあるという話題です。
 例えば「よろしくお願いします」とか「お世話になります」といった日常よく使う言葉も、英語に訳そうとすると「何をよろしくお願いするのか」「何についてお世話になったのか」を具体的にはっきりさせないと相手に通じないということが多々あるようです。
 確かに、言われてみれば便利な言葉として何気なく使っている言葉ほど、あいまいさを含んでいるように思います。しかし、その言葉で普通の社会生活は円滑にいく。
 ここらへんに日本人のあいまいさのポイントがあるように思われます。
 一々言わなくても通じ合える。その共通認識が支えているのかと考えられます。
 ただ、その共通認識がなくなると、当然ですが相手には通じない。
 最近、わかりあえない人間関係の問題の相談が増えてきてるように思いますが、背景には、日本人として当然と考えられていた共通認識がなくなってきてしまっているせいかもしれません。そうだとすれば、相手とは共通認識がなくわかってもらってないことを前提に、こちらの話を具体的に明確にして丁寧に相手に伝わるように話をしない限り相手にはわかってもらえない。しかし、それが苦手な日本人が多い。そんな構図が浮かんできます。

 この問題に関しては、長くなりそうなのでまた改めて書かせていただきたいと思います。

 気温の差が激しくなりそうです。
 皆さん、くれぐれも風邪などひかれないように体調管理を万全にしてくださいね。
 

# by heroheroda61 | 2016-01-06 18:05 | 心のテーマ

初夢

d0233646_1305282.jpg

 私の事務所は、今日が仕事始めです。
 今日も春のような陽気で、どこかハイキングにでも行きたくなってしまいそうです。
 亀岡では、ここんとこずっと濃霧で、午前中晴れないことが多いので、まだ今年の初日の出は見れてません。今朝もキリの中2時間歩いてきましたが、ミストシャワーを浴びた感じで、全身びっしょりになってしまいました。お肌にはいいかもですが…

 さて、皆さん、初夢は見ましたか?
 FMで、2日の夜に見るのが初夢だと言っているのを聞いたので、気になって調べてみました。
 私は、元日の夜から2日の朝に見るのが初夢だと思ってましたが、答えは微妙でした。
 広辞苑には、「元日の夜に見る夢。また正月2日の夜に見る夢。古くは節分の夜から立春の明け方に見る夢」とありましたから、どちらも正解ということみたいです。
 私は、元日の夜には引っ越しの夢を見ました。たまたま聞いていたFM局のDJの方も引っ越しの夢を見たと話されていたのですが、私も引っ越しの夢だったことは間違いないと思います。
 それも、とんでもない量の荷物が積み上げられている夢だったような記憶がありますが、はっきりとは覚えていません。
 2日の夜は、熟睡していたせいか夢を見たという記憶がありません。
 で、夢占い的にみると、引っ越しの夢は、自分が何か変化を求めていたり、変身願望があるようです。たくさんの量の荷物に囲まれてというのは、自分で処理できない問題やストレスを多く感じているとのこと。う~ん…
 確かに、今年こそ…という思いが強くありますので、そんな夢を見たのかもしれません。
 でも、あの荷物はいったい何だったんだろうか?? 続きを見てみたい気がします。
 
 皆さんはどんな夢を見られたか。また、聞かせてくださいね。
 あまりよくなかったという方も、節分の日の夜、すなわち2月3日から4日にかけてもう一回チャンスがありますから、それにかけましょう! そもそも旧暦に従う方が季節感からして絶対自分の身体にあうと思いますから。

# by heroheroda61 | 2016-01-04 13:20 | 日々随想